光るガラス表札・LED表札ならこだわりのName Factoryへ。最高級品質の商品を全国通販いたします。|埼玉県八潮市

表札の取付け方

トップに戻る表札の取付け方

取り付けはカンタン、2本のビス止めだけです。


Name Factoryでは、配線工事のいらない「コンセントタイプ」と、コードが表面に出ない「結線タイプ」の2タイプをご用意しております。発注時にどちらかをお選びいただけます。
ここでは「結線タイプ」の取り付け方をご説明いたします。


パーツ説明

ガラスプレート・ベース・ビス 「裏板止めビス」は上下に2ヶ所あります 表札を裏側から見たところです

※写真をクリックすると大きな画像になります


取付け

#1. 表札天底面の「裏板止めビス」を外し、裏板を外します。

表札を裏側から見たところです



「裏板止めビス」は紛失しません様、注意して下さい。



#2. 設置場所に穴開け位置をマーキングします。

真中がコード穴、左右の穴が取り付け用の穴になります



裏板に取り付け用の穴とコード穴が開いていますので、 取り付け位置に裏板をあてがい、印を付けます。
3つの穴は、真中がコード穴、左右の穴が取り付け用の穴になります。


#3. 印をした穴位置に下穴を開けます。(直径6.4㎜深さ35㎜)

ドリルの先端から35mmの所にしるしをつけると深さの目安になります



壁面がタイルの場合、タイルが割れる恐れがありますので、 なるべく目地の部分に穴開けをお勧めします。
左右の取り付け用の穴は、直径6.4㎜深さ35㎜の穴を、
100V(配線)用のコード穴は直径6~8㎜を開けて下さい。


#4. 開けた穴にアンカープラグを、軽く叩きながら入れます。

左右の穴のみに打ってください



アンカープラグとネジは付属してあります。


#5. 裏板をビスで止め、ここでコードを出して置きます。

コードの先端には結合用のソケット(端子)を付けてください



真ん中の「コード穴」に、屋内からの電気用の配線を通しておきます。
(※注意:家庭内のブレーカーを落としてから作業して下さい。)


#6. 壁から出ている端子と、本体から出ている端子を繋いで下さい。

ここで一度「点灯」の確認をしてください



ガラスプレートとベースだけでも、重さがありますので配線時、取り扱いにご注意下さい。


#7. 取付け完了

取付け完了です



ベースをはめ込み、#1.ではずした「裏板止めビス」で止めて取付け完了です。



powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional